ブログトップ

東京ライフ

f0112873_14451248.jpg


北品川本通り商店会を散策中に見つけた創業明治28年の手焼せんべいのお店「あきおか」。
このお店でご当地お菓子を見つけました。

↓品川巻(90グラム入り525円)。

f0112873_14454228.jpg


一見なんの変哲もない海苔を巻いたあられなんですが、なぜ「品川」巻という名前がついているのかその由来が気になりませんか?私はすっごーく気になってしまいました。
今となってはまったく想像もつきませんが、昔この界隈では海苔の養殖が行われていたんだそうです。その海苔をあられに巻いたものが品川巻。

埋め立てと同時に海苔の養殖はなくなってしまったんですが、そんな背景がこの品川巻にはあるんですね。都市開発と同時に歴史が風化していくのは、ちょっと寂しい風情でもありますが、お菓子という形でこうやって残っているのはすばらしいなぁと思いました。

北品川は昔は「東海道品川宿」という宿場町だったそうで、商店街が旧東海道沿いにあるのもその名残かなと思いました。また屋形船も健在です。これは海が近かったことの名残でしょうね。

・・・と品川巻をポリポリしながら、歴史に思いを馳せてみたりして。

f0112873_14455354.jpg


細くて食べやすいんですよ。海苔が巻いてある面積も大きくて、つまむとき手がベトベトしないのもいい。
こういうお茶請けがあると、ああ私ってやっぱり日本人だなとしみじみします。

学生の頃は歴史の授業って大嫌いだったんだけれど、こうやって「食」を通じて歴史を知るのはとても楽しいことだなと思いました。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2007-12-15 21:26 | 北品川で | Comments(0)

居残り連

f0112873_2348781.jpg


今日のランチはとても満足♪
北品川を散策中に見つけた隠れ家のような洋食レストラン「居残り連」へ行ってきました。レトロな建物がとても雰囲気あります。ハシゴをのぼる(おりる?)サンタさん発見!

f0112873_2349361.jpg


ランチは日替わりで3種類。今日はハンバーグとスパイシーチキンソテーと鮪メンチカツという顔ぶれでした。入り口でこんな告知を見てしまい、

f0112873_23493421.jpg


鮪モードにスイッチオン!大間のマグロ、今旬なんですよねー!
そんなわけで、「鉄人鮪のメンチカツ」(前菜、ご飯、お味噌汁付き1000円)をいただきました。

↓これ、前菜です!こんなに盛りだくさんです!

f0112873_23502281.jpg


レタスサラダ、もやしのナムル、きんぴらごぼう、卵焼き、人参のグラッセ、そして、

f0112873_2350461.jpg


唐辛子味噌。
色合いから葉唐辛子かなぁ。前菜だけで白いご飯食べられそう♪
全部食べきらないうちにメインが運ばれてきたんですが、

f0112873_084298.jpg


鮪メンチカツの大きいこと!
ものすごい存在感。風格すら感じます!

f0112873_23512583.jpg


厚みもたっぷりでジューシー。鮪が荒くミンチにされていて、ざっくりした食感も楽しめます。まるでお肉を食べているみたい。生姜の風味もさわやか~。衣はサックサク♪

ご飯もお味噌汁(なめこと豆腐)も湯気が立っていました。あつあつで嬉しい^^

ただこのお店は、換気を良くするために窓が開いていて、ちょっと寒いんですよね^^;
とはいえ、食べ始めたら身体も温まってちょうど良かったりしますが・・・。

元は老舗の鰻屋さんだった建物を使っているそうで、小さいながらも風情や年季が感じられました。

f0112873_2352499.jpg
f0112873_2353779.jpg
f0112873_23532083.jpg


↓お店の入り口にあった山のような牡蠣の殻。

f0112873_002763.jpg


ワインの木箱に入っていました。傍らにはオリーブの木が。

カキフライの日ではなかったけれど、美味しい牡蠣が食べられそう。秘密にしておきたい洋食屋さんです。北品川侮れません!
[PR]
by pop_up_pump_up | 2007-12-12 22:46 | 北品川で | Comments(1)

手打ちそば しながわ翁

f0112873_12143521.jpg


石臼で挽いた美味しい手打ちそばを食べるのは久しぶり!
北品川の「しながわ翁」へ行ってきました。

20席(テーブル席のみ)の小ぢんまりした店内で、香ばしいそば茶をいただきながら、待つこと数分。
注文した「もりそば ざる」(730円)が運ばれてきました。

f0112873_1215235.jpg


美味しいお蕎麦って余計なものは要らないんだなぁと思わせる一品。
このお店のもりそばは「ざる」と「田舎」の2種類あって、「ざる」は標準的なもりそば、「田舎」は黒目で太いもりそばとなっています。メニューもシンプルなものばかり。(かけ、月見、とろろなど)
つゆはキリッとしたシャープなもので、蕎麦との相性もよかったです。

↓葱、山葵、おろし大根。上品な薬味たち。

f0112873_12144994.jpg


最後はそば湯で締めました。そば湯で割ったつゆもこれまた美味しく変身して、違う楽しみも味わえました。大満足です~!^^
一足早く年越しそばをいただきました♪
[PR]
by pop_up_pump_up | 2007-12-07 23:04 | 北品川で | Comments(0)

f0112873_2342711.jpg


「品川パンめぐり」シリーズ第四弾。

品川といっても最寄駅は京急線の北品川駅になる御殿山エリア。緑豊かな御殿山ガーデンの中にあるホテルラフォーレ東京の「デリカ シェーナ」に行ってきました。
「レストラン シェーナ」に隣接のベーカリーコーナーです。

f0112873_2343181.jpg
f0112873_23431657.jpg



↓手前から時計回りにパン・オ・ショコラ(プチ)(80円)、クグロフ(プチ)(50円)、サーモンのキッシュ(250円)。

f0112873_23435357.jpg


サーモンのキッシュ、具がたっぷり入ってました。

f0112873_2345147.jpg


ふんわりした卵のフィリングはとってもクリーミー。たまねぎやトマトも入ってボリュームもあるのに、重すぎず食べやすかったです。温めて食べたらより美味しかったんだろうなぁと思ったけれど、冷めてても美味しかったです。

パン・オ・ショコラはチョコレート生地のパンにチョコチップが入ったもの。カカオの香りがたっぷり楽しめます。

クグロフは中にレーズン、オレンジピール、そしてコリッとしたものが入っていて、なんだろうと思ったら、それは茶色い皮をむいてローストされたアーモンドでした。

↓ドライフルーツがドライだとは思えないくらいふっくら♪

f0112873_2345414.jpg


どちらもふんわりやわらかいパン。粉砂糖もきれいに振られていて、仕事がすごく丁寧で細やかです。小さくても手を抜かないところはさすがホテル仕様。こんな上品なパンが良心的な値段で買えるのも嬉しい。

ラフォーレ東京はとても落ち着いた雰囲気のホテルですね。場所柄でしょうか。品川駅前の都会の喧騒とはまったく異なります。同じ品川とは思えないんですが、北品川は品川区、品川は港区なんですよね。

↓銀杏がきれいに色づいていました。

f0112873_23462429.jpg
f0112873_23472693.jpg
f0112873_23474158.jpg


↓八ツ山(やつやま)橋。欄干の模様を映した影もかわいい。橋の下は山手線、京浜東北線、東海道線、新幹線の線路です。(どおりで、橋が長いはずだわ~)

f0112873_2348425.jpg


北品川駅前には商店街があって、散歩も楽しめそうです。

f0112873_2348238.jpg

[PR]
by pop_up_pump_up | 2007-12-06 23:13 | 北品川で | Comments(2)