f0112873_23324534.jpg


先日スリランカ料理のお店に向かう途中に、早稲田通りでこんな看板を見つけたんです。豆花!

f0112873_23332965.jpg


豆花のお店があるなんてめっちゃ気になるーー!というわけで、さっそく行ってきました。台湾スイーツ&タピオカティー専門店「I♡豆花(アイ ラブ トウファ)」。早稲田通りから少し入った路地にお店があります。

f0112873_233441.jpg

f0112873_23342658.jpg


キュートな店内。テーブル席とカウンター席があります。入口入って左手に注文カウンターがあるので、先払いして番号札を受け取り、席に座るシステム。お水もセルフです。(そういえばガラス製のウォーターサーバーがお洒落だった♪)

f0112873_23485673.jpg

f0112873_23491323.jpg

f0112873_23495141.jpg

f0112873_23501641.jpg

f0112873_23504599.jpg

f0112873_23514267.jpg

f0112873_2351542.jpg


スイーツは豆花と雪花氷(シェーファービン)。軽食メニューは蛋餅(ダンピン)と肉燥麺(ローザオメン)があります。

f0112873_085871.jpg

f0112873_091888.jpg

f0112873_093950.jpg

f0112873_095870.jpg

f0112873_0101660.jpg


↓20食限定のダンピンセット(プレーンダンピンにサラダとソイミルクティー、日替わりミニ豆花が付いて500円+税)。コーンやハムなどをトッピングしたダンピンもありますが、シンプルにプレーンを選びました。

f0112873_011151.jpg


小麦粉のクレープ(ねぎ入り)に卵を重ねて鉄板で焼き、くるりと巻いてあります。

f0112873_0253680.jpg

f0112873_0255929.jpg


オリジナルソースは醤油ベースの甘じょっぱい系。日本のたれ団子のタレによく似た感じ。これが焼いて香ばしくなった卵クレープにめっちゃ合うのでびっくりしました。

マカロニサラダと千切りキャベツ。ドレッシングが別添えになってます。

f0112873_105517.jpg

f0112873_115739.jpg


ソイミルクティーは甘みがつけてあります。豆乳の味がしっかり感じられて美味しい。日替わりミニ豆花はストロベリー豆花にココナッツシュガーのシロップがかかったものでした。

f0112873_143877.jpg


このお店の豆花は豆乳を石膏剤(カルシウム)ではなく寒天で固めるそうなので、ぷるりとした食感に仕上がってます。

店内に何冊か台湾本が置いてあったのですが、その中の1冊がもうめちゃくちゃツボで・・・。食器を返却口へ返したにも関わらず、居座ってじっくり読んじゃいましたー(笑)。ちなみに読書するにはぴったりのカフェです。

f0112873_1215374.jpg

f0112873_1223583.jpg

f0112873_1535575.jpg

f0112873_1245518.jpg

f0112873_1253869.jpg

f0112873_1255894.jpg

f0112873_1553981.jpg


お店を出るころには14時を過ぎていたので、ディナーメニューに早変わり。

f0112873_1272383.jpg


今発売中のHanakoにこのお店が紹介されています。7月29日、30日には代々木公園で開催される台湾フェスタにも出店されるようです。寒天で固めた豆花、食物繊維が豊富で身体にもやさしい。また食べたいと思いました。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2017-07-16 23:34 | 面影橋で | Trackback | Comments(0)

f0112873_2354365.jpg


早稲田通りにあるスリランカ料理のお店「アプサラ レストラン&バー」へ行ってきました。

f0112873_21204764.jpg


最寄駅は都電荒川線の面影橋だけど、副都心線の西早稲田やJR高田馬場駅からも歩いて行けます。(一風堂のすぐ近く。)月~金はなんとランチが500円!

f0112873_2121595.jpg

f0112873_21212635.jpg


コンクリ打ちっぱなしのモダンな造り。

f0112873_21234215.jpg

f0112873_2382559.jpg

f0112873_21241522.jpg

f0112873_2124392.jpg


1階がバー(喫煙可)、地下がレストラン(禁煙)。地下にはくつろげそうなソファー席もあります。

f0112873_21245794.jpg

f0112873_21251834.jpg


スリランカと言えばやっぱり紅茶なんですねー。メニューを眺めていてコーヒーがないことに気づきました。

f0112873_21311216.jpg

f0112873_21325649.jpg

f0112873_21322870.jpg

f0112873_2132494.jpg

f0112873_21314180.jpg

f0112873_21312577.jpg

f0112873_21332016.jpg


↓予約して特別に作ってもらったスリランカで食べられている麺料理のイディ・アッパ(1500円+税)。

f0112873_21192866.jpg


↓2種類のカレーとココナッツのサンバル(写真では左下のオレンジ色のフレーク状のもの)とフィッシュカットレット(カツオのコロッケ)が盛り合わせてあります。

f0112873_2152303.jpg


ちなみにイディ・アッパ(シンハラ語)は、英語名はストリングホッパーといいまして、イタリアンパスタのカッペリーニくらいの細麺です。これがどんなふうに作られるのかというと、、、

↓特別に見せていただいたイディ・アッパ専用の製麺機と蒸し網。

f0112873_21423714.jpg


水で練った米粉の生地を製麺機の筒の部分に入れ、ところてんのように押し出すと穴から生地が麺状になって出てくるんです。この麺を網にのせて蒸して使います。

f0112873_23564859.jpg


3色のイディ・アッパ。白はプレーン、黄色はターメリックで色づけされたもの。お赤飯色のは赤米を使ってます。

f0112873_21505968.jpg

f0112873_21513319.jpg

f0112873_21515947.jpg


クリームコーンのように見えるのはパリップ(豆カレー)。見た目とは裏腹に辛いんです。レンズ豆のまろやかさはあるけれど、それを覆い隠すかのように後から辛さが襲ってきます(笑)。

f0112873_2152303.jpg


チキンカレーはカルダモンやレモングラスなどのハーブやスパイスが利いたコクのあるカレーでした。チキンがやわらかくて、手で(フォークでも)簡単に崩せます。

f0112873_21564097.jpg


ちなみにー、私以外の7人の皆さんは手で召し上がってました~。白いお皿はフィンガーボウル用。最初から手で食べる気満々の方たちです!

f0112873_2221263.jpg


イディ・アッパはボソボソとした麺ですが、そのぶんカレーとの馴染みがよく、しかも小麦の麺よりも軽めなのでたくさん食べても重たくなりにくいと感じました。(小麦の麺だったらこんなには食べられなかったかも・・・。)ああ、写真がぶれまくり・・・(汗)

f0112873_1333566.jpg


フィッシュカットレット。しっとりねっとりした食感はよかったけれど、もろカツオです。猫まっしぐら的なー・・・これは好みが分かれるだろうなー^^;

f0112873_22203410.jpg


スリランカカレーは辛いんだけど、サンバルがいい仕事しますねー。スパイシーなカレーにココナッツの甘さが絶妙なアクセント!スリランカの紅茶も飲みたかったけど、お腹がいっぱいになってしまってオーダーできなかったのが残念。

f0112873_23342910.jpg


店名のアプサラ、インド神話の水の精の名前です。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2017-07-02 18:22 | 面影橋で | Trackback | Comments(0)