「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:御茶ノ水で( 4 )

f0112873_21315826.jpg


9月に入ったけれど、まだまだ日中は日傘なしでは歩けないくらい日差し強い~。今日も暑かった。残暑厳しいですねー^^;

神田明神・大鳥居の脇にある“飲む点滴”が名物の「天野屋」へ行ってきました。飲む点滴、さてなんでしょう?

f0112873_21331339.jpg


趣のある佇まい。弘化3年(1846年江戸後期)創業の老舗です。

f0112873_21321940.jpg


店内もレトロです。扇風機に風鈴、テーブルの下にはうちわも置いてありました。

f0112873_21335356.jpg

f0112873_21341811.jpg


いつの時代のだろう。双六です。

f0112873_21355624.jpg


飲む点滴、一番目に書かれてます。答えは「甘酒」。

f0112873_2136556.jpg

f0112873_2137252.jpg


冷やし甘酒を注文してるお客さんが多かったけど、私のお目当ては、氷甘酒(500円)。甘酒のかき氷です♪

f0112873_21374140.jpg

f0112873_22521622.jpg


器の下半分に甘酒が入ってるので、混ぜ合わせていただきます。米麹たっぷり入ってます~♪

f0112873_213837100.jpg


甘酒は疲労回復にいいんですよねー。夏の疲れを甘酒で解消♪

f0112873_21294930.jpg


このかき氷は溶けるのが早くて、しばらくするとみぞれ状になりました。クセもなく、甘くて美味しかった~。

そういえばかき氷のメニュー、1番目に書かれてるのは「氷甘酒」なんですが、2番目に「スイ」というのがあって気になりました。酸い?翠?

f0112873_21414814.jpg


帰りに併設(隣)のお土産コーナー覗いてみると、自家製の甘酒はもちろん、味噌、納豆、飴(レーズン入りの飴は個性的)、漬物など気になるものがいっぱい・・・。

f0112873_21445588.jpg


↓これ買って帰りましたー。塩麹(170g入り540円)。

f0112873_10104116.jpg


甘酒に使われているのと同じ麹が使われてます。お刺身にも合うとのこと♪

f0112873_9505861.jpg


お釣と一緒に飴もいただきました~。

f0112873_9513318.jpg


袋もかわいい。

f0112873_1042931.jpg

f0112873_2374223.jpg


ご利益あるかな。。。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2016-09-03 19:02 | 御茶ノ水で | Comments(0)
親知らずを抜いて1週間。ついに縫った糸を抜く日がやってきました。
この1週間は、顔が腫れて口が開けづらいことを除けば、いたって穏やかにすごせました。
痛まず、熱も出ず、血が止まらないなんていうこともなく・・・。顔も元通りになりました。

さて、抜糸なんですが、麻酔をせずに行われるんですね。
肉に食い込んだ糸を外すわけなんですが、(ここで嫌な予感・・・)なかなか抜けないので若先生からベテラン先生に交代。そして、

「痛ーーーーーーーーーい!!!」

お、思わず叫んでしまいました!もう痛いのなんのって!(抜糸ってこんなに痛いもの!?)
あまりの痛さに思わず涙が!!

麻酔の効果って偉大だったんですね。改めて実感。
(ちなみに3針縫ったんだそうです。当日訊くのを忘れて今日確認しました。)

そんなわけで、どうにか抜糸も終わり、しばし放心状態・・・。(←今回の治療で初めて痛みを味わったので)
「これで穴もふさがったんですよね?」YESの返事を期待して訊いたのに、「穴はまだ開いてますよ」と先生。
「・・・・・(少し固まる私)」。

こわくていまだ傷口を見ていないんですが、肉が盛り上がってこないと穴はふさがらないそうで、まだまだ時間がかかるようです。

すごいことになってるんだろうなぁ。。。。。。(でもこわいから見ない)><

先にランチを済ませておいて良かったです。治療のあとだととても食べる気にならないので。。。
まず腹ごしらえ→治療→帰りにショッピング(がんばった自分へのご褒美)
いつのまにかこんな通院スタイルができてます。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2007-05-23 20:29 | 御茶ノ水で | Comments(4)

ビストロ備前

カリフォルニアキュイジーヌにしようか本格フレンチにしようか迷って選んだのがこのお店「ビストロ備前」。

螺旋階段をのぼり2階へ上がると、入り口に入ってすぐのところにワインセラーが。店内はガラス張りになっていて、緑濃い木々を眺めながら食事ができます。(ニコライ堂も見えました。)

f0112873_18471123.jpg


ランチは肉料理と魚料理があって、私は魚料理をオーダーしました。フランスパン、サラダ、コーヒー付き1000円。(ちなみにこの日の肉料理はビストロ風ハンバーグ。)
1000円のランチといえど、ワイングラスに水が注がれているのも印象がよかったです。

↓最初に運ばれてきたフランスパンとサラダ。

f0112873_18551158.jpg


サラダのドレッシングは玉ねぎベースのフレンチドレッシング。酸味が利いてます。(生玉ねぎってあとあと口の中が匂うのが気になってしまい、ちょっと苦手なんですが・・・。)フランスパンは外側カリッと中しっとりで美味しかったです。軽くあたためてあれば尚よし。

↓オキメ鯛の蒸し煮 温野菜添え 特製ブールブランソース

f0112873_18544019.jpg


このブールブランソース、バターやクリームがふんだんに使われた濃厚なソースで、ものすごく「フレンチを食べてる」感がしました。オキメ鯛はとても淡白な魚で、ソースとの相性も良かったです。
添えられた温野菜はスナップエンドウとズッキーニ。軽くバターソテーしてありました。
ズッキーニ、「えぐみ」がぜんぜんなく美味しかったです。

↓食後のコーヒー。

f0112873_18545245.jpg


と、ここまできて何か気づいたことありませんか?^^
食器が「備前焼」なんです。こういうフレンチも面白いなぁと思いました。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2007-05-23 18:44 | 御茶ノ水で | Comments(0)
向かった先は、御茶ノ水にある大学付属歯科病院。

f0112873_18402713.jpg


9時20分受付。問診票を記入し口腔外科へ。
10時過ぎ、担当医と顔を合わせここでまた問診。若い女性の先生。
その後、歯科放射線科でレントゲンを3枚(パノラマ、問題の歯を横からと上から)撮影。(その際、ゴムみたいなものを奥歯にはさまれ、おえーっと涙目になりました。まずここで死ぬ思いを・・・汗)
再び口腔外科へ。
廊下で待っていると、女性の担当医が「すみません、担当医(←もう1人いる?)が12時から予約が入っていて、今日は2時からの診療になってしまうんですが・・・」とおっしゃられました。
どうやら2人態勢のようで、1人はキャリアの浅い女性の若先生、もう1人は男性のベテラン先生。

日を改めるのもよかったんだけれど、あまり気乗りがしなくて、ランチして2時まで待つことにしました。
予約のとれなかった初診ってこんなかんじなのかなぁ。。。朝から出かけたのに。。。
(歯ブラシ持参してきてよかった^^;)

そして2時過ぎ、診察台にて開始。もう治療とか抜歯とかそういうレベル超えていました。
はっきりいってこれは手術でしょう!想像以上に激しかったです。

まず注意事項、連絡事項を聞いて書類にサイン。
次にレントゲンの写真を指差して、「ここ、骨を少し削ります。」と若先生。
ほ、骨を削る・・・・!!?
これまた予想だにしていなかった発言にかなり動揺。
どうも歯と骨が近いらしく(←ニョッキリはえていないため)、削らないと外せないんだとか。
「ぬ、抜くのにどのくらい時間かかるんですか?」おそるおそる聞いてみると、「1時間くらいです」と。
い、1時間も・・・・!!?
とりあえずトイレに行かせてもらいました。(汗)

もどってきて、手術開始です。
まず麻酔を数箇所打ちました。すぐ「しびれ」が来てなーんにも感じなくなり、切開したのも気がつきませんでした。
そして削るわけなんですが、これがすごかった・・・。
チュイーン、ガリガリガリッ! 痛くはないけど、振動と音がすごいんです。あと削るときの独特の匂い。
先生同士の会話のやりとりも聞こえます。ベテラン先生が若先生に指示を出すんですよ。
ここはこういう角度で、とか。「へんな音がする・・・」「ん?貸して」と手本をみせたり。。。ひぃぃぃ!
もっと練習しておいて~~~若先生!!
しかも助手らしき人や見学者(研修生?)もいて、一体何人で私を覗き込んでいるのーー!

そして音がいっそうひどくなり、
バリバリッ!
バキバキバキッ!!!!!!!メリリッ!
今まで聞いたことのないような凄まじい音が自分の体から聞こえました!!><
しかも鼓膜の内側からですよ。
そしてベテラン先生が「抜けない」とぽつり。
「抜いへ!!><。」(←舌がしびれていて「抜いて」と言えない) 即答しました。

親知らず1本にかなりの負荷がかかり、しばらくして顎ががくがくしてきました。そのうち口を開けているのも限界に!
(どうもベテラン先生が歯を割っている模様。)
このままだと顎がはずれちゃう~っというわけで、先生にうったえると、手をグーにして耳の後ろ(顎の部分)を固定するよう言われました。
最後はもう力任せってかんじ。そうやってどうにか抜けました。かなり先生も悪戦苦闘したと思われます。
(これ女手じゃ無理なんじゃ・・・)

そして縫い合わせ。これまたベテラン先生の支持を仰ぎながら、若先生が縫うんですが、「切り口にそって、こう縫わないと」と手本を見せたりして・・・。
若先生は本当に先生なんだろうか・・・・!? 大学病院オソロシや~。

と、こんなかんじで縫い終わり、塩水ですすいで、消毒をして、ようやく診察台を起こしてもらえました。ここまでの所要時間50分。
最後はガーゼを噛んで止血です。ぐったり脱力してました私。

うちへ帰った今も、こわくて傷口が直視できません。抜糸は1週間後。全治1ヶ月だそうです。
抜いた歯はお持ち帰り可だったので、持ち帰らせてもらいました。

(ちなみにこの病院はクレジットカード・デビットカードで会計ができます。
せっかくなので、クレジットカードで支払ってきました。)


↓興味のある方はこちらをどうぞ

More(歯の写真)
[PR]
by pop_up_pump_up | 2007-05-16 18:55 | 御茶ノ水で | Comments(12)

にこちゃん(^v^)の東京暮らしグラフィティー。


by pop_up_pump_up