ブログトップ

東京ライフ

f0112873_2105776.jpg


マネーセミナーに参加してきました。場所は明治安田生命ビル4階。昨年ドンクの試食会があったビルです。

今回のセミナーは二部構成で、第一部が生島ヒロシさんによる講演「心と体と財布の健康」、第二部が田中貴金属工業株式会社の方による「やわらかい金の話」というものでした。

↓配布資料とキントン・プラトンのノベルティ。金貨のような圧縮タオル(手前)と付箋セット。

f0112873_2311699.jpg


生島さんはキャスターとして有名だけれど、ファイナンシャルプランナーやeco検定、ヘルスケア、福祉など幅広く資格を持ってる方で、「健康でなければ資産形成もできませんからね」と、まずは参加者全員で体操(笑)。軽いスクワットで血流をよくし、指回しで脳もすっきりしたところで本題となりました。(こんなマネーセミナー初めてです~!場内が沸きました。)

ジョークやユーモアを交えた話も面白く、講演というよりもむしろトークショーを見てるようで楽しかったです。

第二部は金についてのいわゆるマネーセミナー。金の特性や価格の決まり方、金商品の種類についてのお話。株や債券のような収益性は望めませんが、安定していて現金よりもインフレに強く、世界中で換金できるという特徴があります。

なにより金ってその歴史は古く、古代から富の象徴として使われてきた尊いものなんですよね。

第一部と第二部の間に休憩時間が設けてあって、展示してある金とプラチナを実際に手にとって触ることもできました。1キロのインゴットは手の平の上でずっしり重かった~。金は骨董品ではないので、傷がついたり、曲がったりしても価値はかわらないのだそうです。思いっきり素手で触ってきましたー(笑)。

第一部が終わってそのまま帰られた方もいたのですが、第二部の最後に特典のお知らせがありました。

田中貴金属工業の直営店「GINZA TANAKA」にて、セミナー終了後先着75名にプレゼントがあるとのこと。会場から10分くらいのところにお店があったので、寄ってみたら一番乗りでした。(決して急いで行ったわけではありません~。)

↓銀製ネックレスだなんて、特典良すぎじゃないですかー?

f0112873_2242610.jpg
f0112873_2243877.jpg


↓銀座中央通りで赤い看板が目立ってました。

f0112873_2331148.jpg
f0112873_2332174.jpg


ちょうど歩行者天国だったので、少しぶらぶら歩いてみました。歩道ではなく車道を(笑)。曇り空がちょっと残念。

f0112873_2363224.jpg
f0112873_2365158.jpg
f0112873_2371419.jpg
f0112873_2373067.jpg
f0112873_2374946.jpg
f0112873_238824.jpg
f0112873_2382972.jpg
f0112873_2384587.jpg
f0112873_239488.jpg
f0112873_2392578.jpg
f0112873_2395465.jpg
f0112873_2402087.jpg


こうやって見ると、有名店や老舗が多いですね。

余談ですが、長野県小諸市にルイ・ヴィトンの森ができるそうです。坂本龍一教授も参加するとのことで、今後の活動もますます気になります~。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2009-09-12 23:39 | 二重橋前で | Comments(2)

f0112873_21104728.jpg


今年で103周年を迎えるというブーランジェリーの老舗「DONQ」。7月1日から全国のDONQでフランスフェアが開催されるそうです。それにちなんで期間中に販売されるパンの試食会にお声がかかり、参加させていただきました。会場はカフェ&バールDQです。

f0112873_21112755.jpg
f0112873_21114350.jpg


↓試食用のパンがずらーっと。「どんどん写真とってくださいねー!」とのことで、さっそく写真撮りまくり!

f0112873_2112469.jpg
f0112873_21121795.jpg


参加者は総勢15名。この試食会はブロガーイベントなので、参加される方はみなさんブロガーです。
私はブロガーイベントに参加すること自体初めてなので、とーっても緊張しました。が、美味しいパンを前に、いつもの食いしん坊モードにすぐさまスイッチON!順応するのに時間はかかりませんでしたー(笑)!

↓名札まで作っていただけるとは。。。記念に撮影!(笑)

f0112873_21124495.jpg


このフランスフェアではフランスを8つの地方にわけ、3週間に渡ってそれぞれの地方のパンを販売するんだそうです。
全15品。まずはラインナップをご紹介。(★は試食したパンです。後述しますね。)

↓フェア期間中通しで販売されるパン(販売期間:7月1日~7月21日)

f0112873_21243299.jpg


左から時計回りに★フラムクーシュ(315円)、エッフェル塔(273円)、★アロムテロワール(294円)、クイニーアマン カソナード(305円)。
トレイの左側にあるのは通年販売されているDONQ定番のバゲット(315円)です。アロムテロワールとの比較のために用いられました。

f0112873_21331697.jpg


エッフェル塔はチーズとドライトマトのフランスパン。20センチ以上はあったかと思うおっきなパンでした。

↓フランス北部をテーマにしたパン(販売期間:7月1日~7日)

f0112873_21353069.jpg


手前から★ファーブルトン(252円)、カラメルポンム(315円)、パルマンティエ(263円)。

カラメルポンムは中にリンゴが入っているそうです。パルマンティエはじゃがいもとミートソースのパイ。

↓フランス中部をテーマにしたパン(販売期間:7月8日~14日)

f0112873_21395158.jpg


右下から時計回りにポワール エスカルゴ(273円)、パン ポール ポム ド テール(298円)、★タルト オ スリーズ(くるみ入り)(294円)、りんごのチーズケーキ(231円)。

ポワール エスカルゴは表面に飴のようなものが塗られていて、これは冷えたところから暖かいところに持ってきたため溶けてしまってますが、実際は固まっているんだそうです。パン ポール ポムドテールはパストラミポークとじゃがいもを合わせてバジルソースで仕上げたフランスパン。

↓フランス南西部をテーマにしたパン(販売期間:7月15日~21日)

f0112873_21463920.jpg


手前から時計回りにプロヴァンスの香り(231円)、カンパーニュ ルージュ(315円)、★ラタトゥイユ(273円)、ピニョン(1個74円)。

カンパーニュ ルージュは生地に赤ワインを使い、ベーコン、チーズ、オニオンを包んで焼いたもの。断面が気になります。プロバンスの香りはオリーブ、アンチョビ、ドライトマト、クリームチーズ入り。

DONQのサイトにフランスフェアの詳細が書かれています。ニュースリリースは→こちら

週替わりで次々登場するなんて、パンが好きな人にはたまらない企画ですよね。そしてそれを発売前に試食できる幸せ♪ブログやっててよかったーーー!!

↓アロムテロワール(右)とバゲット(左)

f0112873_23485239.jpg


生地を18時間も熟成発酵させるというアロムテロワール。比較用にバゲットも出されたのですが、このバゲット自体レベルが高く、比較しようにも難しい。あえて挙げるならアロムテロワールのほうが少しだけ皮のパリパリ感や生地のもっちり感が際立ってたかなーという感じでしょうか。
香りや味も強くて、バターを付けずに食べたいフランスパンです。

↓ファーブルトン

f0112873_23493042.jpg
f0112873_23495189.jpg


「ファー」とは「お粥」という意味だそうですが、パンプディングのようなしっとりやわやわのお菓子です。ともすると重くなりがちな生クリームたっぷりの生地。それをさわやかに仕上げているのがラム酒漬けのプラム。このバランスがとても良かった♪好きだなーこれ。

↓フラムクーシュ

f0112873_235016100.jpg


これはワインやビールに合わせたいパン。パンといってもクラッカーのように薄いんですけど、それゆえとってもクリスピー。胡椒もピリッとスパイシー。焼きたてのあつあつがサーブされました。これうれしー。

↓ラタトゥイユ

f0112873_235037100.jpg


これは文句なく美味しかったー!クロワッサン生地が信じられないくらいサクサクなんです。発酵バターを使用した薄い薄い生地が幾重にも重なって、会場でもこれを絶賛される方は多かったですね。頬張ったときの音を是非体感してほしいです。

↓タルト オ スリーズ(くるみ入り)

f0112873_23505894.jpg


メレンゲにサクランボをのせて焼いた甘いお菓子。食感はサクッと軽いけれど、甘さはしっかりしてる。中に入っているくるみが香ばしかったです。

パン職人の方との質疑応答を交えながらの試食会、最後は紅茶をいただいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。食べ切れなかった試食品はお持ち帰りできるんです。

↓お土産もいただきました!

f0112873_23512972.jpg


↓アロムテロワールの長さは40センチ。バゲットはもう少し長かったですね。

f0112873_23521671.jpg
f0112873_23523514.jpg


実はこの日のためにメジャーを購入して会場へ持参していたんですが、試食品は小さめに作ったとのことで、出番はありませんでした(笑)。

↓「パンを美味しく!」をコンセプトに開発されたラミ・デュ・ブレ~麦の友達~シリーズからペットボトルの緑茶と国産野菜ジュース。こーんなオリジナルブランドも展開されています。

f0112873_23525836.jpg


↓ピニョンも入っていました。

f0112873_23532978.jpg


三日月形なので正しくは「クロワッサン・オ・ピニョン」だそうだけれど、クロワッサン生地だと勘違いしてしまうお客様のためにあえて「ピニョン」という名前にしたんだそう。ピニョン(=松の実)という名の通り、たっぷりの松の実がついてます。甘い、ほんとに甘い。ソフトクッキーをもっと濃密にしたようなお菓子。

最後にプロの方のお話を。
パンは焼きあがって3時間くらいたったころが一番美味しいんだそうです。焼き上がり直後は、粉や砂糖、バターそれぞれの個性が強く、むしろ落ち着かない状態。それが3時間ぐらいするとなじんできて味がまとまるんだそうです。

それと「湿度」。パン作りでは同じ材料・作り方でも湿度が違うと仕上がりが違ってきてしまうそうです。特にこの時期は湿度が高いので、随時調節しながら作ってるんだそうです。
一流っていう言葉の裏にはこんな隠された努力や苦労があるんですねー。

緊張の自己紹介に始まった試食会でしたが、あっというまの1時間でもありました。他の方はどんなふうに記事にされるのかなー。また機会があれば試食会に参加したいですね。

f0112873_1311497.jpg

[PR]
by pop_up_pump_up | 2008-06-21 22:18 | 二重橋前で | Comments(6)