カテゴリ:新御徒町で( 4 )

f0112873_13263744.jpg


清洲橋通りに陶器ギャラリー併設のカフェを見つけました。作家さんが作陶した器でガレットが食べられる「ariai(有り会い) pottery gallery*cafe」。和と北欧テイストが融合した、ほっこり落ち着ける空間です。

f0112873_13265933.jpg

f0112873_13275115.jpg

f0112873_13282837.jpg

f0112873_13285816.jpg

f0112873_13294556.jpg

f0112873_13302082.jpg


場所が清洲橋通りと蔵前橋通りが交差するところなので、どの駅からもちょっと距離があり、この辺り一帯は問屋街ということもあって、意外なところにあるお洒落カフェ。ちらっと見た感じでは食器屋さんかなと思いました。

メニューにガレット、サンドイッチ、クレープが並びます。今日の日替りガレット(2種類)は、サーモンのサラダ、ラタトゥイユとソーセージ。

f0112873_13333058.jpg

f0112873_13323120.jpg

f0112873_13324695.jpg

f0112873_1333011.jpg

f0112873_13331877.jpg


↓ガレットコンプレットセット(ドリンク付き980円)。

f0112873_13561414.jpg


ハムと卵とスイス産グリュイエールチーズのコンプレット。半熟卵を絡めていただきまーす。

f0112873_13564294.jpg


やさしい味!そば粉の香りが控えめでそのぶん香ばしさに欠けるけど、クレープ寄りに作られてるのかもちもちした上品なガレットです。(端っこはパリパリしてます。)薄味なのも身体にやさしい。フランス産天然塩を使ってるそうです。

ベビーリーフのサラダ。瑞々しくて美味しい。

f0112873_1451266.jpg


ハンドドリップのブレンドコーヒー。ガレットを食べ終わるタイミングを見計らって、一杯ずつ豆を挽くところから淹れるコーヒーです。角がなくやさしい味。癒される~。

f0112873_1495195.jpg


ギャラリーの写真を撮らせてもらいました!

f0112873_14135171.jpg

f0112873_14141698.jpg

f0112873_14165941.jpg


落花生の箸置きがツボでした~。かわいい!
[PR]
by pop_up_pump_up | 2015-11-20 23:35 | 新御徒町で | Trackback | Comments(0)
f0112873_0222899.jpg


京風の佇まいがとても素敵です。東上野にある割烹料理の「寺町二条」。
東上野といっても新御徒町と稲荷町の2つの駅の中間くらいの立地で、ぜんぜん駅近ってわけでもないのに、12時には満席なんです。

f0112873_0232390.jpg

f0112873_0235160.jpg


ランチは日替り1種類のみ。効率を考えてのことだと思うけど、潔くていいと思う。。。

f0112873_0242346.jpg


カウンター越しに見える和食器に和み、

f0112873_0254390.jpg


遠火で炙る焼魚に心躍ります♪備長炭ではないけれど、一切れずつ串打ちして焼いてくださるなんて、割烹ならではですよねー。

f0112873_0261921.jpg


本日のランチ(沖メダイの西京焼、高野豆腐煮、白菜とベーコンの炒めもの、御飯、味噌汁、漬物つき950円)。皮目がぱりっと焼かれてて見るからに美味しそう♪

f0112873_029562.jpg


適度に脂も落ちてヘルシーです。

f0112873_0292375.jpg


しっとりふっくら絶妙の焼き加減、最高~。皮も美味しくて一緒にいただきました。

f0112873_0222899.jpg


お味噌汁はわかめと豆腐。大根と大根の葉の浅漬けも瑞々しくて美味しい。

f0112873_0344596.jpg


小鉢2品とも丁寧な仕事です。

f0112873_0345973.jpg


ごはんも美味しかった。

f0112873_0352049.jpg


落ちついた雰囲気もよく、美味しい和食が食べられて幸せ☆
1000円アンダーでこのクオリティは秀逸です。ここはまた行きたいお店です。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2015-04-24 23:04 | 新御徒町で | Trackback | Comments(0)
f0112873_1375130.jpg


下町へ行ったら江戸前のお寿司か天ぷら!
というわけで久しぶりに「秀鮨(ひでずし)」へ。

f0112873_1231483.jpg

f0112873_1232965.jpg


店先でお品書きを確認。ランチやってるー♪

f0112873_123509.jpg


先客はなく1番乗り☆カウンターの席に着くなり「5年ぶりに来ました」と告げると、「え!?5年ぶり?」と大将もびっくり。

仕事っぷりを拝見しながら、「5年前のことは覚えてないねぇ(⇠あたりまえ)。どこからきたの?」と会話のきっかけが生まれる。江戸っ子口調ですよ大将は。「鱧さばいておられましたよ。」って説明する私。

↓握り(お椀、デザート付き1000円+税3%)をお願いしました。

f0112873_1254063.jpg


マグロ2貫、ほたて、いか、薄焼き(と呼ばれる玉子)、かんぴょう巻、ひらめ、ガリ。ちゃっちゃと鮮やかな手つきでワンプレートに乗せられてトンと置かれましたよ。

f0112873_1255853.jpg


かんぴょう巻なんて、わさびを右手の指先にちょいとすくったら、巻き簾の上に広げられた酢飯に、右から左へスッと一文字。瞬きするよりも早いくらいの早業です。

↓お味噌汁は三つ葉、大根入り。湯気で霞んでます。

f0112873_1262079.jpg


私の後のお客さん2名も同じ握りを注文されてたんだけど、見ると小肌が入っててマグロは1貫。このときマグロが2貫入っている私のお皿は色をつけてくれたんだと気がつきました。そしたらもう顔がにやけちゃって(笑)。やったーー!って感じ^^

で、で、さらにサプライズが!!

f0112873_1272384.jpg


あまりにもさりげなく置かれた1貫の小肌。お寿司屋さんでこんなかけひき、初めての経験です。小肌も酢の締め具合がきりっとしてて美味しかったー。

食後のデザートはアイスクリーム。熱心に写真撮ってたら、奥さまが横から「桜(のアイス)よ」と教えてくれました。このアイスも美味しい。春の味。

f0112873_1283695.jpg


このあと「前回来た時は抹茶アイスだったよ。」「抹茶はいつもあるんだ。あと柚子シャーベットもあるねぇ。」「それはまた来ないと!」「俺が作ってるんじゃないけどね」なんて会話をしたのでした。

お会計はお品書きのとおり。すんごいサービスしてもらっちゃった。
今度はちらしを食べにまた行きまーす。
[PR]
by pop_up_pump_up | 2015-03-11 23:08 | 新御徒町で | Trackback | Comments(0)
f0112873_12385427.jpg


久しぶりに下町へ。
下町といって思い浮かぶのは、江戸前のお寿司や天ぷらです!

「秀鮨(ひでずし)」は新御徒町駅から3分ほどのところにある、地元のお寿司屋さん。
すだれのさがった外観は、目を凝らさないとお寿司屋さんだと気がつかないかもしれません。

f0112873_12322498.jpg
f0112873_12324339.jpg


店内にはカウンターと小あがり席があるのですが、個人で営むお寿司屋さんにしては、ゆったりした感じがあります。
その理由は多分これ。フラットカウンター。

f0112873_12341078.jpg


ガラスのネタケースがないので、空間が開けた感じがするのです。

ご主人がまな板の上で作業する様子もカウンター越しにばっちり。
間近でパフォーマンスを見られるので、お寿司と一緒に臨場感までも味わえます。ネタは木製の箱で管理。。。そうそう私、ネタが木の箱に入っているお店、憧れてました~。

↓しょうゆさしがひとつひとつ違って、かわいいの~♪

f0112873_12364554.jpg


ランチは握りとちらしのみ。お椀とデザートがついて1000円です。(1.5人前は1500円)

↓握りをオーダーしました。ガラスのお皿も暑い日の清涼剤☆

f0112873_1237920.jpg


奥左から時計回りに、まぐろ、あおりいか、カニ、炙り鰹、梅しそ巻き、エンガワ、たまご。

↓シャリの上で長いエンガワがUの字を描いてます。エンガワがランチでいただけるなんて!

f0112873_12372772.jpg


捌いたばかりのあおりいかは、肉厚で甘いの。旬の鰹はネタが大きくて、ひとくちで頬張れないほど。ミョウガもしょうがもいい仕事してる~。
豆腐と三つ葉のお味噌汁も美味しかったです。

↓デザートは抹茶アイスクリーム♪

f0112873_12403139.jpg


伺ったらこの道42年という大ベテランのご主人だそうで、熟練の技で食べられる美味しい江戸前握り寿司を堪能させていただきました。デザートまでついて1000円なんて、大満足です。

ちょうど夜用の仕込みもされていて、穴子、アジ、大きな鱧(はも)を包丁で捌いておられました。
新鮮な鱧の身は透き通るように白く、ぷりんぷりん。
一番の腕の見せ所である「骨切り」は夕方にするそうで、これが見られなかったのはちょっと残念~。

ここで時間切れとなって、お店を出ました。
このあとのアワビの仕込みも見たかったな~。

f0112873_1242873.jpg

[PR]
by pop_up_pump_up | 2009-07-15 22:49 | 新御徒町で | Trackback | Comments(2)

にこちゃん(^v^)の東京暮らしグラフィティー。


by pop_up_pump_up