親知らずを抜いて1週間。ついに縫った糸を抜く日がやってきました。
この1週間は、顔が腫れて口が開けづらいことを除けば、いたって穏やかにすごせました。
痛まず、熱も出ず、血が止まらないなんていうこともなく・・・。顔も元通りになりました。

さて、抜糸なんですが、麻酔をせずに行われるんですね。
肉に食い込んだ糸を外すわけなんですが、(ここで嫌な予感・・・)なかなか抜けないので若先生からベテラン先生に交代。そして、

「痛ーーーーーーーーーい!!!」

お、思わず叫んでしまいました!もう痛いのなんのって!(抜糸ってこんなに痛いもの!?)
あまりの痛さに思わず涙が!!

麻酔の効果って偉大だったんですね。改めて実感。
(ちなみに3針縫ったんだそうです。当日訊くのを忘れて今日確認しました。)

そんなわけで、どうにか抜糸も終わり、しばし放心状態・・・。(←今回の治療で初めて痛みを味わったので)
「これで穴もふさがったんですよね?」YESの返事を期待して訊いたのに、「穴はまだ開いてますよ」と先生。
「・・・・・(少し固まる私)」。

こわくていまだ傷口を見ていないんですが、肉が盛り上がってこないと穴はふさがらないそうで、まだまだ時間がかかるようです。

すごいことになってるんだろうなぁ。。。。。。(でもこわいから見ない)><

先にランチを済ませておいて良かったです。治療のあとだととても食べる気にならないので。。。
まず腹ごしらえ→治療→帰りにショッピング(がんばった自分へのご褒美)
いつのまにかこんな通院スタイルができてます。
[PR]
# by pop_up_pump_up | 2007-05-23 20:29 | 御茶ノ水で | Trackback | Comments(4)

ビストロ備前

カリフォルニアキュイジーヌにしようか本格フレンチにしようか迷って選んだのがこのお店「ビストロ備前」。

螺旋階段をのぼり2階へ上がると、入り口に入ってすぐのところにワインセラーが。店内はガラス張りになっていて、緑濃い木々を眺めながら食事ができます。(ニコライ堂も見えました。)

f0112873_18471123.jpg


ランチは肉料理と魚料理があって、私は魚料理をオーダーしました。フランスパン、サラダ、コーヒー付き1000円。(ちなみにこの日の肉料理はビストロ風ハンバーグ。)
1000円のランチといえど、ワイングラスに水が注がれているのも印象がよかったです。

↓最初に運ばれてきたフランスパンとサラダ。

f0112873_18551158.jpg


サラダのドレッシングは玉ねぎベースのフレンチドレッシング。酸味が利いてます。(生玉ねぎってあとあと口の中が匂うのが気になってしまい、ちょっと苦手なんですが・・・。)フランスパンは外側カリッと中しっとりで美味しかったです。軽くあたためてあれば尚よし。

↓オキメ鯛の蒸し煮 温野菜添え 特製ブールブランソース

f0112873_18544019.jpg


このブールブランソース、バターやクリームがふんだんに使われた濃厚なソースで、ものすごく「フレンチを食べてる」感がしました。オキメ鯛はとても淡白な魚で、ソースとの相性も良かったです。
添えられた温野菜はスナップエンドウとズッキーニ。軽くバターソテーしてありました。
ズッキーニ、「えぐみ」がぜんぜんなく美味しかったです。

↓食後のコーヒー。

f0112873_18545245.jpg


と、ここまできて何か気づいたことありませんか?^^
食器が「備前焼」なんです。こういうフレンチも面白いなぁと思いました。
[PR]
# by pop_up_pump_up | 2007-05-23 18:44 | 御茶ノ水で | Trackback | Comments(0)

地上デジタル放送

かれこれ半年以上も前に、住んでいるマンションが地デジ対応型になりました。
宅内工事をしてチューナーをつければ、手持ちのテレビで地デジ放送が見られるということで、さっそく工事をしてもらったんだけれど、リモコンが大きくなってしまいました。
ボタンも増えて扱いづらいです。長さ24センチもあると、ちょっと手になじまないような。。。

f0112873_2339218.jpg


で、さっそく地デジの番組を見てみたら、地味な番組ばかり。
同じテレビ局でも、アナログと地デジでは番組が異なるんですね。
(アナログ放送のほうが面白かったりします。)

そんなわけで、結局アナログ放送を見るに至ってます。

ただ地デジ放送はその番組を見ながら、天気や番組表など別の情報が得られるのはいいですね。
うちの小さな14型のテレビだと表示される文字もすっごく小さくなりますが・・・。
これはもう「大画面向け」が前提の構成なんでしょうね。
[PR]
# by pop_up_pump_up | 2007-05-22 23:52 | おうちで | Trackback | Comments(2)

炒飯

f0112873_22391433.jpg


久しぶりに炒飯を作りました。テフロン加工ではなく普通のフライパン使用ですが、パラパラです。

f0112873_2239258.jpg


具は卵、ベーコン、しめじ、ねぎ。ごはんは押麦とうるちひえの雑穀ご飯。
シンプルにホワイトペパーだけで味付けです。
ミルからガリガリッと引いた胡椒は香りがすごくよくて、ついつい多めに使ってしまいます。

おからは魚(かんぱち)を煮付けたときの煮汁を使用。具には人参・干ししいたけ・グリーンピース・ゆばチップ・ねぎを使っています。煮汁も余すことなくリサイクル(笑)。

舞茸とワカメと三つ葉の赤だしを添えました。
ねぎ以外は食材かぶっておらず、なかなか多品目に摂取できたかなーと・・・^^

最近はこんな卵もあるんですね。
↓「ディズニーくらしのたまご」。ひとつひとつにミッキーのシールが貼られていました。

f0112873_22381998.jpg
f0112873_22384437.jpg


それにしても抜歯してごはんの食べ辛いことといったらありません。時間がかかってしょうがない・・・。
なかなか冷蔵庫の食材が消費できないので、苦し紛れの炒飯です。
[PR]
# by pop_up_pump_up | 2007-05-20 22:28 | おうちで | Trackback | Comments(6)
f0112873_19352077.jpg


ニコライ堂近くの「Café de Ari(カフェ・デ・アリ)」。昨日ランチしたスペイン小皿料理のお店です。

f0112873_19265957.jpg


オープンキッチンの壁とカウンターはタイルでできていて、そこに描かれているイラストがとても素敵。日本人の感覚じゃとても描けないようなイラストで、異国情緒たっぷりです。
テラス席もありました。シェフは陽気なラテン系の外国人。
カウンターには生ハム(足1本)がどーんと置かれてました。

パエリアと迷ったんだけど、お店の方のおすすめにより、「本日の日替わりセット」をオーダー。
(小皿料理+ライス+デザート+ドリンク=800円)

↓本日の小皿料理である「鱈のバスク風(白ワインソース)」。

f0112873_19285813.jpg


魚介のうまみとニンニクのコクが白ワインとオリーブオイルに溶け込んだ、とても美味しいソースでした。鱈は軽く焼いてから煮込んであります。上にのっているのはホワイトアスパラ。他に殻付き海老とアサリが入っていました。
このソース、パンにつけて食べたかったなぁ。ごはんよりもパンに合いそう。

↓デザートのプリンとアイスティー。

f0112873_19292756.jpg


このプリン、ちょっとしかなくて寂しいんだけれど、すっごく美味しかったです。
甘い香りはラム酒かな。カラメルが苦めでプリンとの相性ばっちりでした。

実は注文するとき金額を見なかったんですが、メイン(小皿料理)とデザートの質が高く、これで800円は驚きました。

隣の席の鶏のパエリアもお皿にたっぷりで美味しそうだったし、注文した料理によって使い分けるのか、デザートはアイスクリームでした。これも美味しそう。。。
アイスの中に何かトッピングが練りこまれていて、とても気になりました。(←細かい所までしっかりチェック 笑)

美味しいもの食べておなかも満たされて、ニコライ堂↓の写真も撮ったりして至福の時間でした。

f0112873_19314550.jpg
f0112873_21584371.jpg
f0112873_21585578.jpg


午後にまさかあんなことが待ち受けていようとは・・・。
[PR]
# by pop_up_pump_up | 2007-05-17 18:39 | 新御茶ノ水で | Trackback | Comments(2)

にこちゃん(^v^)の東京暮らしグラフィティー。


by pop_up_pump_up